【鬼滅の刃】ネタバレ 46話 「お館様」 詳細 文字バレ 感想まとめ

CbUxJN3UAAAyLvW

423: 2017/01/19(木) 16:43:15.34
第46話 お館様
扉絵 梅の花に囲まれ、佇むお館様 その顔は目の下あたりまで火傷のように爛れており、瞳も白く濁っている
煽り 舞い散る花の香りに佇むは――

お館様の顔の上半分はただれていて目も失明している模様。

本文煽り 異質、そして荘厳

98f1457a-s

二人の白髪の童女と共に現れるお館様
目が見えていない様子で、右手は童女の肩に、左手は童女に引かれ、歩いてくる

お館様「お早う皆 今日はとてもいい天気だね 空は青いのかな?
  顔ぶれが変わらずに半年に一度の"柱合会議"を迎えられたこと 嬉しく思うよ」

炭治郎(傷…? いや 病気か? この人がお館様?)

驚いた表情でお館様を見つめる炭治郎を、不意に実弥が殴りつけ、頭を地面に押さえつけた

炭治郎(速い!! 全く反応できなかった この…!!)
  「!!」

炭治郎の頭を押さえつけた実弥は、片膝を地につけ跪いている
気付けば実弥に並んで柱が皆、お館様に向けて跪いている

2d72bb59-s

実弥「お館様におかれましても御壮健で何よりです 益々の御多幸を切にお祈り申し上げます」

顔を上げ、お館様に挨拶をする実弥 お館様は童女に支えられ、縁の手前の畳の上に腰を下ろす

お館様「ありがとう実弥」

二人の様子を見て、少し悔しそうな表情を浮かべる蜜璃

蜜璃(私が言いたかった お館様にご挨拶…)

6e8b37a0

実弥「畏れながら 柱合会議の前にこの竈門炭治郎なる鬼を連れた隊士について ご説明いただきたく存じますがよろしいでしょうか」

礼をわきまえた様子の実弥を、今までの自分への対応と比べて複雑な表情で見つめる炭治郎

炭治郎(知性も理性も全く無さそうだったのに すごいきちんと喋り出したぞ)

お館様「そうだね 驚かせてしまってすまなかった 炭治郎と禰豆子のことは私が容認していた そして皆にも認めてほしいと思っている」

驚く柱たち
行冥がまた涙を流しながら手を合わせ、数珠を鳴らす

行冥「嗚呼…例えお館様の願いであっても 私は承知しかねる…」

自分を親指で指差しビッときめる天元

天元「俺も派手に反対する 鬼を連れた鬼殺隊員など認められない」

b07272f9-s

蜜璃は両手を組み、笑顔でハートを飛ばす

蜜璃「私は全てお館様の望むまま従います」

43bc7057

無一郎は相変わらずぼんやりした表情のまま

無一郎「僕はどちらでも… すぐに忘れるので…」

しのぶは何も言わず、顔を上げないまま押し黙っていた
義勇もまた、表情を変えず、何も言わない
小芭内がまたネチネチと語りだす

小芭内「信用しない 信用しない そもそも鬼は大嫌いだ」

66963f11-s

杏寿郎は笑顔できっぱりと反対の言葉を口に出した

杏寿郎「心より尊敬するお館様であるが理解できないお考えだ!! 全力で反対する!!」

実弥「鬼を滅殺してこその鬼殺隊 竈門・冨岡 両名の処罰を願います」

お館様「では 手紙を」

童女「はい」
「こちらは『元柱』である鱗滝左近次様から頂いたものです 一部抜粋して読み上げます
 "――炭治郎が鬼の妹と共にあることをどうか御許しください"
 "禰豆子は強靭な精神力で人としての理性を保っています"
 "飢餓状態であっても人を喰わず そのまま二年以上の歳月が経過致しました"
 "俄には信じ難い状況ですが紛れもない事実です"
 "もしも禰豆子が人に襲いかかった場合は 竈門炭治郎及び――"
 "鱗滝左近次 冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します"」

46dcf0fd

炭治郎の表情が変わる
柱たちは全て押し黙った
炭治郎の視線の先に義勇の横顔が入る
手紙の内容が読み上げられても義勇は表情一つ変えない

01ed4525-s

炭治郎の両目から、涙が溢れ、粒となり、止め処なく零れ落ちた

実弥「……切腹するから何だと言うのか 死にたいなら勝手に死に腐れよ 何の保証にもなりはしません」

杏寿郎「不死川の言う通りです! 人を食い殺せば取り返しがつかない!! 殺された人は戻らない!」

お館様「確かにそうだね 人を襲わないという保証ができない 証明ができない ただ人を襲うということもまた 証明ができない」

実弥「!!」

お館様
「禰豆子が二年以上もの間 人を喰わずにいるという事実があり 禰豆子の為に 二人の者の命が懸けられている これを否定するためには 否定する側もそれ以上のものを 差し出さなければならない」

見えない目を閉じ、お館様が鱗滝の手紙を広げた

実弥「……っ」

杏寿郎「…… むぅ!」

言い返したいが、何も言葉が見つからず悔しそうな実弥と杏寿郎

お館様 「それに炭治郎は鬼舞辻と遭遇している」

お館様のその一言で、柱たちの表情が変わった

「!?」

「そんなまさか…」

「『柱』ですら誰も接触したことが無いというのに…!!」

「こいつが!?」

天元 「どんな姿だった!? 能力は!? 場所はどこだ!?」

無一郎 「戦ったの?」

実弥 「鬼舞辻は何をしていた!? 根城は突き止めたのか!?」

実弥に髪を掴まれ、顔を上げさせられたものの、あまりにも一気に言葉を浴びせかけられたせいか ぐるぐると理解しきれず無言になる炭治郎
柱達の勢いに押されてか蜜璃が倒れそうになっている。
そんな炭治郎に柱たちの質問攻撃は続いた

「おい答えろ!!」

「黙れ俺が先に聞いてるんだ」

彼らのやり取りを、薄く笑みを浮かべて様子を伺うお館様

「まず鬼舞辻の能力を…」

やがてお館様が、人差し指をスッと自分の口元に立てた
ピタッと柱たちの声が止む
倒れそうになっていた蜜璃を手を掴んで支えてあげている義勇さん。

965d7c02-s

お館様
「鬼舞辻はね 炭治郎に向けて追っ手を放っているんだよ その理由は単なる口封じかもしれないが 私は初めて鬼舞辻が見せた尻尾を掴んで離したくない 恐らくは禰豆子にも 鬼舞辻にとって『予想外の何か』が起きているのだと思うんだ わかってくれるかな?」

顔を上げ、お館様を見る柱たち
実弥が、唇の端から血を流すほどにギリギリと歯軋りをしてお館様に問いかけた

実弥 「わかりませんお館様 人間ならば生かしておいてもいいが鬼は駄目です 承知できない」

そう言い切るやいなや、実弥は日輪刀を引き抜き、なんと自分の右腕を傷つけた

炭治郎 「!?」

蜜璃 (え? え? 何してるの 何してるの お庭が汚れるじゃない)

55272a5a

実弥 「お館様…!! 証明しますよ俺が 鬼という物の醜さを!!」

お館様 「実弥…」

実弥 「オイ鬼!! 飯の時間だぞ 喰らいつけ!!」

そう叫び、実弥は傷つき血の滴る腕を、炭治郎の横の禰豆子の箱の上に向けた
滴る血がボタボタと禰豆子の箱の上に落ちていく
驚いた炭治郎が、次の瞬間には実弥を睨みつけた

炭治郎 「!!」
c9d0457d-s

煽り 禰豆子に襲いかかる試練!!

47話に続く

424: 2017/01/19(木) 16:43:54.14
炭治郎の表情が変わる
柱たちは全て押し黙った
炭治郎の両目から、涙が溢れ、粒となり、止め処なく零れ落ちた
実弥「……切腹するから何だと言うのか 死にたいなら勝手に死に腐れよ 何の保障にもなりはしません」
杏寿郎「不死川の言う通りです! 人を喰い殺せば取り返しがつかない!! 殺された人は戻らない!」
お館様「確かにそうだね 人を襲わないという保証ができない 証明ができない ただ
  人を襲うということもまた 証明ができない」
実弥「!!」
お館様「禰豆子が二年以上もの間 人を喰わずにいるという事実があり 禰豆子の為に
  二人の者の命が懸けられている これを否定するためには 否定する側もそれ以上のものを
  差し出さなければならない」
見えない目を閉じ、お館様が鱗滝の手紙を広げた
実弥「……っ」
杏寿郎「…… むぅ!」
言い返したいが、何も言葉が見つからず悔しそうな実弥と杏寿郎
お館様「それに炭治郎は鬼舞辻と遭遇している」
お館様のその一言で、柱たちの表情が変わった
「!?」
「そんなまさか…」
「『柱』ですら誰も接触したことが無いというのに…!!」
「こいつが!?」
天元「どんな姿だった!?能力は!?場所はどこだ!?」
無一郎「戦ったの?」
実弥「鬼舞辻は何をしていた!? 根城は突き止めたのか!?」
実弥に髪を掴まれ、顔を上げさせられたものの、あまりにも一気に言葉を浴びせかけられたせいか
ぐるぐると理解しきれず無言になる炭治郎
そんな炭治郎に柱たちの質問攻撃は続いた
「おい答えろ!!」
「黙れ俺が咲きに聞いてるんだ」
彼らのやり取りを、薄く笑みを浮かべて様子を伺うお館様
「まず鬼舞辻の能力を…」
やがてお館様が、人差し指をスッと自分の口元に立てた
ピタッと柱たちの声が止む
お館様「鬼舞辻はね 炭治郎に向けて追っ手を放っているんだよ
  その理由は単なる口封じかもしれないが 私は初めて鬼舞辻が見せた尻尾を掴んで離したくない
  恐らくは禰豆子にも 鬼舞辻にとって『予想外の何か』が起きているのだと思うんだ
  わかってくれるかな?」
顔を上げ、お館様を見る柱たち
実弥が、唇の端から血を流すほどにギリギリと歯軋りをしてお館様に問いかけた
実弥「わかりませんお館様 人間ならば生かしておいてもいいが鬼は駄目です 承知できない」
そう言い切るやいなや、実弥は日輪刀を引き抜き、なんと自分の右腕を傷つけた
炭治郎「!?」
蜜璃(え?え?何してるの 何してるの お庭が汚れるじゃない
実弥「お館様…!! 証明しますよ俺が 鬼という物の醜さを!!」
お館様「実弥…」
実弥「オイ鬼!! 飯の時間だぞ喰らいつけ!!」
そう叫び、実弥は傷つき血の滴る腕を、炭治郎の横の禰豆子の箱の上に向けた
滴る血がボタボタと禰豆子の箱の上に落ちていく
驚いた炭治郎が、次の瞬間には実弥を睨みつけた
炭治郎「!!」

煽り 禰豆子に襲いかかる試練!!
巻末 あけましておめでとうございます。遅れてすみません。今年も頑張ります<呼世晴>

432: 2017/01/19(木) 16:54:07.17
>>424
バレ乙です!
こう来たかあ良いなあ

487: 2017/01/19(木) 17:51:52.12
>>424
柱たちは全て押し黙った
炭治郎の視線の先に義勇の横顔が入る 手紙の内容が読み上げられても義勇は表情一つ変えない
炭治郎の両目から、涙が溢れ、粒となり、止め処なく零れ落ちた

です
別窓に書いたのをいつもコピペしてるんですが、一行抜けてました

488: 2017/01/19(木) 17:52:28.94
>>487
いやむしろ義勇さんを笑い者にする風潮を横から殴りつけるファインプレーだ
ありがとう

492: 2017/01/19(木) 17:53:14.22
>>487
ありがとうございます
素晴らしい

494: 2017/01/19(木) 17:54:16.96
>>487
補足おつ!
義勇シブいわ

425: 2017/01/19(木) 16:48:46.73
バレ乙です!
炭治郎泣くとこで俺も泣く気がしてきた

426: 2017/01/19(木) 16:49:29.72
乙です!
お館様は盲目か…鬼との戦いで?
無惨の追手を知ってるならたまゆしのこともバレてるね
知性も理性も無さそうって、炭治郎おまwナチュラルに失礼ww

427: 2017/01/19(木) 16:50:12.17
バレ乙 「知性も理性も無さそうだったのに」にめっちゃ草生えた辛辣だな炭次郎w

428: 2017/01/19(木) 16:50:12.91
乙!
禰豆子が蝶子に反撃したら炭次郎どころか鱗滝さんも義勇も腹切る羽目になるところだったのか

429: 2017/01/19(木) 16:51:55.75
やっぱ鱗滝さんは柱だったのか

430: 2017/01/19(木) 16:51:58.09
乙!
不死さんそこまでなんで嫌うんだろ
やっぱり親方様全てを知っておられたな
こりゃあ珠世様の事も知っておられるわ

431: 2017/01/19(木) 16:53:12.38
試練でも何でもないだろ
箱の中で寝てるんちゃうか

433: 2017/01/19(木) 16:56:07.66
風柱は鬼をめっちゃ憎んでるタイプの柱だな
家族を鬼に食い殺されて鬼殺隊に入って鬼を斬りまくって柱まで昇進した感じか

しのぶさんは義勇から禰豆子のこと(人を襲ったら義勇も腹切る覚悟)を本部に炭治郎たち連れてくる間に聞いてる気がする

434: 2017/01/19(木) 16:56:58.69
これ義勇さんにはちゃんと鱗滝さんから確認にいってるんだよな?
勝手に切腹の件に名前連ねられてるわけじゃないよな?

439: 2017/01/19(木) 16:59:05.27
>>434
水の一門はみんな口下手だからね…義勇さんが聞いてなくても驚かないぞw

446: 2017/01/19(木) 17:01:59.45
>>439
富岡さん(え、俺聞いてない……)だったら面白すぎるだろw
最初に見逃した時点で覚悟はしてるだろうけどさw

435: 2017/01/19(木) 16:57:13.07
不死川さんは家族とかを鬼に殺されてるなきっと
この後ねずこが箱から出て不死川さんをナデナデするんだろ
しかし昼間か…?

437: 2017/01/19(木) 16:58:01.92
鱗滝さんかっこよすぎる
本人以内のにかっこよすぎる

438: 2017/01/19(木) 16:58:36.34
理性も知性も全く無さそうだったのにwww

440: 2017/01/19(木) 16:59:11.81
実弥さんの傷、鬼を釣る度に自傷して増えていく説
恋柱の真っ先の反応が庭が汚れるじゃないってトンチキなのは自傷を見慣れてるからかも

442: 2017/01/19(木) 16:59:50.33
乙杯は嫉妬深いんだな片鱗が見えてるわ
さすが恋の呼吸

443: 2017/01/19(木) 16:59:53.15
鱗滝さんとの師弟の絆は今もずっと続いてるんだなって

富岡さんまでハラキリするメンツに入れられてて草
これ本人知らなかったら可哀想

444: 2017/01/19(木) 17:00:51.65
炭治郎と禰豆子は鬼舞辻に会ってるから鬼舞辻を斬るためにも殺したらマズイ、という理屈かなるほど
姿を変える鬼舞辻を捕捉できるの超嗅覚持ってて鬼舞辻の臭いを知ってる炭治郎だけだしな
炭治郎を殺したらマズイ、それはわかったけど鬼の禰豆子は斬るべきって理屈も分かるが
禰豆子斬られたら炭治郎は鬼殺隊抜けるだろうな...

449: 2017/01/19(木) 17:02:46.30
>>444
柱連中は鬼が人を喰った事があるかどうかも何人喰ってるかもわかんないレベルだし鼻が効くって相当チート能力だな

461: 2017/01/19(木) 17:15:28.52
>>449
鼻が利くのはもちろん鬼舞辻に襲われた直後の家に帰って鬼舞辻の臭いを知り
なおかつそこから生き延びているのが超デカイ
おかげで姿を変えていたであろう浅草で鬼舞辻は炭治郎に身バレ(姿を変えても炭治郎なら分かると確定)
それに禰豆子もおそらく実家で鬼舞辻と戦ってるし

善逸と伊之助を炭治郎と合流させたのももしかしたら超感覚持ちで鬼側に警戒されてない新人を付けて
鬼舞辻への餌(超感覚付き同士で分からん殺し防止)にしてた...?

445: 2017/01/19(木) 17:01:01.76
手紙書いた頃には義勇さん炭治朗達の事忘れてたんだから知らないんじゃね

447: 2017/01/19(木) 17:02:07.11
>>445
俺も知らないと思うわ
え?初聞きだけど?って感じだと思う

448: 2017/01/19(木) 17:02:20.48
>>445
鬼を見逃した二年前の時点で既に切腹の覚悟くらいしてただろうという話

451: 2017/01/19(木) 17:06:42.36
でもこの理屈だと鬼殺隊は総力上げて炭治郎を守るべきだなw
もう炭治郎のパーティーに義勇としのぶさん入れようぜ

452: 2017/01/19(木) 17:08:08.86
スカッと話かと思えば、突然の炭治郎の辛辣さで草

453: 2017/01/19(木) 17:09:01.66
となるとやはりかまぼこ隊の特殊五感はレアケースなのか
炭治郎以外無惨と接触した隊員がいないとなると、無惨を追えるのも炭治郎だけ
ねずこを殺したらいくら仏の炭治郎でも鬼殺隊を抜けるだろうし

456: 2017/01/19(木) 17:11:26.16
冨岡さんこんなにいい人なのに口下手でスパルタなせいで嫌われてるなんて可哀想だよね
次回の冒頭で俺は切腹するとか言ってないって言いだしたら別の意味で泣ける

459: 2017/01/19(木) 17:14:24.92
これを踏まえた上で序盤の義勇さんの手紙を読み返すととても感慨深い
水柱の二人凄いことしてたんだな…

436: 2017/01/19(木) 16:57:28.14
切腹仲間に入れられてて草


引用元: http://hanabi.2ch.sc/test/read.cgi/wcomic/1484373339/