【僕のヒーローアカデミア】人気投票No.1『爆豪勝己』まとめ
 
014

週刊少年ジャンプの時期看板候補と言われている「僕のヒーローアカデミア」。
敵(ヴィラン)の襲撃や、ヒーローになるための試験など常に見所満載ですね!
最近では2回目のキャラクター人気投票がありました!

今回は2回目の人気投票で1位を獲得した「爆豪勝己」(ばくごうかつき)について紹介します。

※注意! ネタバレ含みます。  



僕のヒーローアカデミアとは


・堀越耕平による漫画作品。(3作目の連載開始作品)
・週刊少年ジャンプにて、2014年32号より連載開始。

落ちこぼれだった少年緑谷 出久が“最高のヒーロー”を目指して成長していくヒーロー漫画作品。

【あらすじ】
世界総人口の約8割が超能力“個性”を持つ超人社会。
 主人公の緑谷 出久(みどりや いずく)は幼い頃から“平和の象徴”と謳われるヒーロー「オールマイト」に憧れていた。

出久は“無個性”だったが、ヒーローを諦めきれず、偉大なヒーローを多く輩出してきた国立雄英高校の難関ヒーロー科への進学を目指していた。

中学3年のある日、爆豪がヘドロ・ヴィランによって人質になっている現場に遭遇し、自らを顧みず爆豪をなりふりかまわず救おうとする“ヒーローとしての素質”を示したことで、オールマイトの個性である“ワン・フォー・オール”の後継者に指名されるのであった。
 
0 000
 
僕のヒーローアカデミア - Wikipedia 

『爆豪勝己』とは


緑谷 出久の幼馴染、出久から「かっちゃん」と呼ばれている。
1-Aの男子生徒(出席番号17番)、私立折寺中学校卒業。

4月20日生まれ。15歳。身長172cm。A型。

言動は粗野で粗暴な不良そのもの。
一見ではヒーロー志望と思えないため、ヴィランっぽいと言われている。

Image-89

自身に考案したヒーロー名には「爆殺王」や「爆殺卿」と答えていたが、審査を担当していた「ミッドナイト」に却下された。

0019
0024

実績


入試実技1位
個性把握テスト3位
障害物競走3位
雄英体育祭総合1位
学力テスト3位


『爆豪 勝己』の個性


個性:爆破

Image-16

掌の汗線からニトロのような汗を出し爆破させることができる。
爆破力は汗の量に比例するため、動くほどに強力になるが冬はスロースターターになる。
爆破の威力には限界があり、最大火力の爆破を起こすと掌が痛むほど自身のダメージを受ける。

個性の特性上、近距離の戦闘を得意としているが、移動手段(爆速ターボ)にも使えたり、閃光弾も放てたりと応用も幅広い。

Image-156
Image-157

爆破を起こして調理も出来る。

戦闘スタイルは「相手の個性を見極めて弱点を突く」という頭脳スタイル。
短気な性格から冷静さを失いがちなのが欠点だが、弱点を短時間で見抜くため、直接戦闘の技能は高い。


『爆豪 勝己』のコスチューム


被服控除で作成したヒーローコスチュームは、本人の要望曰く全身ダイナマイト

手榴弾をモチーフにした籠手(こて)を着けており、この籠手に吸水シートで汗を溜める事で、最大威力の限界なく爆破出来る。
籠手にはピンが付いており、汗が溜まった状態でピンを外すと籠手の前方に凄まじい爆発を起こす。

膝にも金具のようなものが付いており、これは自身の膝を守るものではなく、接近戦闘で膝蹴りすることが目的。

Image-188



『爆豪 勝己』の必殺技


閃光弾(スタングレネード)

雄英体育祭、対「常闇」(とこやみ)戦にて使用。
爆発を利用して強い光を放ち、目眩ましなどにも使える。

0130

榴弾砲・着弾(ハウザーインパクト)

雄英体育祭の決勝戦、対「轟」(とどろき)戦にて使用。
跳躍中に両手を左右逆方向に向けて爆発を連続させ、反動で回転しながら突撃し、その勢いをのせたまま相手に爆発を両手で叩き込む。
生身での最大威力の爆風を放つ大技。

0159-0160

徹甲弾(A・P・ショット)  


片方の手を筒状にして、もう一方の掌に当てて放つ爆撃。
爆発の範囲を狭めて貫通力を上げる。

15

徹甲弾 機関銃(A・P・ショット・オートカノン)  
 
徹甲弾を連続して乱れ打つ応用技。

IMG_2410


爆豪 勝己』名言集


・俺をそんな顔で見てんじゃねえ!

・言われなくても!!
 俺はあんたをも超えるヒーローになる!

・その面やめろやクソナード!!!

・1位だ…ただの1位じゃねぇ、俺がとるのは、完膚無きまでの1位だ…!!

・退くなら今退けよ「痛ぇ」じゃ すまねぇぞ

・詰みだ

・デクより上に行かねえと意味ねえんだよ!!

0154


まとめ


いかがでしたか?
「僕のヒーローアカデミア」は個性の設定や、キャラクターの感情が細かく描かれており、次世代のジャンプを担う作品になっています。
現在では「爆豪 勝己」と「緑谷 出久」のケンカが勃発し、爆豪が勝ちましたが、出久を認めつつあり良きライバルになりそうですね!