【キングダム】山民族の女王『楊端和』まとめ

kingdom33_1

週刊ヤングジャンプを代表する人気漫画「キングダム」。
現在は趙の鄴攻め編に突入し、いよいよ李牧と決戦!
秦国の総大将も決まり、これからキングダム史上最難関の戦が始まろうとしています。

今回はそんなキングダムの魅力ある大将達の1人「楊端和」について紹介します。

※注意! ネタバレを含みます。


キングダムとは


・原泰久による日本の漫画。
・週刊ヤングジャンプ に、2006年9号より連載開始。
・第17回手塚治虫文学賞マンガ大賞受賞。
 
中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦国の王・政の活躍を中心に、乱世の世を描いた作品。

Kingdom31_00-00

キングダム(漫画) - Wikipedia

 

『楊端和』は実在した人物なのか?


楊端和は実在した人物です!!


しかし、史実の楊端和は山の民でも女性でもありません。

紀元前3世紀頃に秦王政に仕えた将軍で、男です!!

史書には下記の3点のみ記載されていました。

・紀元前238年に、魏の衍氏を攻めた。

・紀元前236年に、秦の将軍「王翦」「桓齮」と共に趙の鄴 を攻撃した。

・紀元前229年に、趙の首都だった邯鄲を包囲した。
 
史書に記されているキャリアは僅かに9年程でした。


『楊端和』の初登場シーン


山民族(山の民)の(最大勢力)女王として仮面を被って初登場しました。(3巻22ページ)

この時点で、女だと気付いた人は少なかったのでは・・・

kingdom03-022

秦王『政』との交渉で同盟を結ぶことが決定した後、仮面を取り女だということを明かしました。

kingdom03-057


『楊端和』の武力


『成蟜』が飼っていた『ランカイ』に山の民の『バジオウ』は一騎打ちで勝利しましたが、その『バジオウ』ですら楊端和に敗北している。

Kingdom04-163

女王ながらその武力は山の民一とされ、自ら先頭に立って幾多の山民族を統合していったと描かれている。

Kingdom04-157

『ランカイ』は明らかに人外の存在にしか見えず、武力だけなら六大将軍にも匹敵しそうなので、『楊端和』の武力はすでに六大将軍クラスだと言えます。

Kingdom04-158


『楊端和』の魅力


楊端和のイメージは、政がピンチの時に駆けつけてくれるタイミングの良さでしょう!!

序盤では王弟『成蟜』の陰謀を挫くため力を貸し、『政』が王権を取り戻した後、趙の『李牧』がしかけた連合軍により窮地に陥った『信』や『政』の元に救護として現れてくれました。

138-side

『李牧』はこの『楊端和』の予想外の参戦で、咸陽急襲を断念しました。

さらに、 趙の鄴を攻める将軍という大役に選ばれる程の力を付けました。

kingdom498_10

キングダムの中では一番出世しているキャラクターと言えるのではないでしょうか。
六大将軍の一人になる日も近いように感じます。

しかし、異民族として友好的であっても、秦との間には一線を引いている感じの楊端和が、おいそれと秦王政の六大将軍任命の勅を受けるとも思えませんね。



秦国と山の民の歴史


紀元前647年。

秦国は大凶作により国が飢えていた。
それまで良好の関係を築いてた 晋国が攻め込まれ危機に陥ってた。

その時に現れたのは300人の勇士。
この勇士達が山の民である。

以前に秦国の王である 穆公(ぼくこう)の馬を山の民が食べてしまったことがある。

kingdom-012

穆公はこれに怒ることなく、逆に馬肉に合う酒を渡した。

この行為に心に打たれた山の民が秦の窮地に現れ救ったのであった。

kingdom-013

しかし、山の民はわずか300人対し晋国は数千。
この数的不利を圧倒的な戦闘力で晋王を捕らえる。

穆公の行為により山の民と同盟を気付いたが、それは一時的なものであった。

kingdom-014

穆公が亡くなってから秦の人々は、山の民を追い出した。

逃げていく山の民に対して、 執拗に追いかけ 惨劇は耳を疑うものになる。

山の民は思う。
「同盟は幻だったのか・・・」

暗い歴史は秦国への 怨念となる。

穆公への感謝、秦の人々への恨み、そんな想いを同時に抱える山の民。

kingdom-016

そんな時に、政という名の秦王が現れた。
政は実弟のクーデターにより 玉座を奪われ、奪還のために力を貸すよう依頼してきた。

楊端和を含む山の民は長年の恨みを晴らすべく、現秦王である政の首を跳ねようとする。

山の民に政は言う。
「恨みや憎しみにかられて剣を取れば、恨みの渦に国は滅ぶ」
「人を生かす道を拓くために剣を取るべきだ」


それは政の目標である中華統一への道。
中華統一の道は楊端和が願う「世界を広げたい」と一致した。

kingdom03-046

秦国と山の民の同盟が成立する。


『楊端和』名言集


・我が山の王 楊端和である

・戦でも和でもなんでもいい。我はただ世界を広げたいのだ…。

・ 皆の者よく聞け。
 山界の王楊端和は、秦王えい政とかつてない強固な盟を結ぶ!!
 その盟のためにこれより不当に追われた秦王の玉座を奪還しに行く。
 周囲の山々からも兵を集めよ。
 全軍死闘の覚悟で出陣準備!!
 目指すは秦国……王都咸陽也!!

・それ以上さえずるな平地の老将よ
 黙って貴様らは敗者として史に名を刻め

・感謝の言葉は勝利の後に言うものだ

・矢如きに屈する山の民ではない!

・序盤戦はどこまで李牧を欺き鄴攻めを悟らせぬかにかかっている

kingdom500_14


まとめ


いかがでしたか?
益々盛り上がりを見せるキングダム。
これから楊端和が李牧とどう戦うのか楽しみですよね!
さらに、六大将軍にも選ばれるのでしょうか?
これからの楊端和に期待です!

これからもキャラクターについて、まとめていきますので良かったら覗いてみてください!