【鬼滅の刃】 ネタバレ 43話 「地獄へ」 詳細 文字バレ 感想まとめ

CbUxJN3UAAAyLvW

606: 2016/12/22(木) 16:49:13.87
第43話 地獄へ

扉柄 悲しげな表情で自分の両手を見つめる累
煽り 糸と、絆と。
☆12月31日発売予定の新増刊ジャンプXにて番外編掲載決定!JCだけのあのオマケが…!?

本文煽り 在りし日の家族…

病床にて半身を起こし、羽織を肩に掛けている累
累(体が弱かった 生まれつきだ 走ったことがなかった 歩くのでさえも苦しかった
無残様が現れるまでは)

累の前に現れ、立つ鬼舞辻無残(髪の毛がストレート)
無残「可哀想に 私が救ってあげよう」
累(両親は喜ばなかった 強い体を手に入れた俺が 日の光に当たれず 人を喰わねばならないから)

父「何てことをしたんだ 累…!!」
血を流して倒れている(タヒんでる?)人を前に立つ累
父の後ろで母は膝を折り、顔を覆って泣いていた
そんな両親を黙って見つめている累

累(昔 素晴らしい話を聞いた 川で溺れた我が子を助けるためにタヒんだ親がいたそうだ
俺は感動した 何という親の愛 そして絆 川でタヒんだその親は見事に"親の役目"を果たしたのだ)

涙を流しながら、累に向けて包丁を振り落とそうとする父親

累(それなのに何故俺の親は俺を頃そうとするのか 母は泣くばかりで 頃されそうな俺を庇ってもくれない)

そして、部屋に血が飛び散った

累(偽物だったのだろう きっと 俺たちの絆は 本物じゃなかった)

部屋の奥、包丁を落とし、血を流して父親が倒れている
累が座る縁側近くでは、母が同じように大量の血を流し、倒れていた
ふと、累は母が何か言っているのに気付いた

累(何か言ってる まだ生きてるのか…)

母「丈夫な体に産んであげられなくて… ごめんね……」
母の言葉を聞いて驚く累

累(その言葉を最期に母は事切れた タヒんだ)

タヒぬ前、父は泣きながら包丁を振りかざし、累に『大丈夫だ累 一緒にタヒんでやるから』と言った
累(頃されそうになった怒りで理解できなかった言葉だが 父は 俺が人を頃した罪を共に背負って
タヒのうとしてくれていたのだと その瞬間 唐突に理解した)

焦りからか、累の顔に汗の粒が浮かんでいく
累(本物の絆を 俺はあの夜 俺自身の手で切ってしまった)

両親をあやめてしまい、項垂れる累の前に、再び無残が現れた

累(無残様は俺を励ましてくださった)

無残「全ては お前を受け入れなかった親が悪いのだ 己の強さを誇れ」

累(そう思うより他どうしようもなかった 自分のしてしまったことに耐えられなくて
たとえ自分が悪いのだとわかっていても 毎日毎日 父と母が恋しくてたまらなかった)

続きます

スポンサーリンク
607: 2016/12/22(木) 16:49:52.26
頚をはねられた累の体 崩れていく手が炭治郎と禰豆子の方へ縋るように向いていた
累(偽りの家族を作っても虚しさが止まない 結局俺が一番強いから誰も俺を守れない庇えない
強くなればなる程 人間の頃の記憶も消えていく 自分が何をしたいのかわからなくなっていく)

フラフラと炭治郎たちの方へと歩いてゆく累の体を、義勇がただ黙って見守っていた
やがて累の体は炭治郎と禰豆子の前で倒れた
地に着いた手が崩れ落ちていく

累(俺は何がしたかった? どうやってももう手に入らない絆を求めて
必タヒで手を伸ばしてみようが 届きもしないのに)

累の気配に気付き、力無く禰豆子を抱きしめ守ったまま振り返る炭治郎
その目元に涙が浮かんだ

炭治郎(小さな体から抱えきれない程大きな悲しみの匂いがする…)

炭治郎の右手が、倒れた累の体の背に伸び、そっと撫でてやる
遠く離れた場所に転がる累の頚が、それをじっと見ていた

累(温かい… 陽の光のような優しい手 思い出した はっきりと 僕は謝りたかった
ごめんなさい 全部全部僕が悪かったんだ どうか許してほしい)

累の脳裏に浮かぶのは、在りし日の笑顔を浮かべる両親の姿だった

パキパキと砕け落ちていく累の頚
累「でも… 山ほど人を殺した僕は…地獄に行くよね…… 父さんと母さんと…同じところへは…行けないよね…」

その時、累の意識の中で累の背中に大きな優しい手が触れた
父「一緒に行くよ 地獄でも」
母の手が累の手にそっと添えられる
父「父さんと母さんは累と同じところに行くよ」
白かった累の髪が、人間だった頃の黒髪に戻っていく
同時に、顔や目から鬼の姿である痕跡が消え、そこには両親を慕い涙を流す少年の姿があった

母の胸に縋り無く累を、父が母ごと抱きしめた
累「全部僕が悪かったよう ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい…」
両親に抱かれ、泣きじゃくる累
親子三人を、地獄の業火が包んでいった

体と頚が全て崩れ落ち、累の着物だけが炭治郎の手の下に残った
その着物を踏みつけ、上に立つ義勇が炭治郎を見下ろす

義勇「人を喰った鬼に情けをかけるな 子供の姿をしていても関係ない 何十年何百年生きている醜い化け物だ」
そう冷たく言い放つ義勇を、炭治郎が目を見開いて見上げた その表情は次第に怒りに満ちていき
義勇を睨みつけた

炭治郎「頃された人たちの無念を晴らすため これ以上被害者を出さないため… 勿論俺は容赦なく
鬼の頚に刃を振るいます だけど 鬼であることに苦しみ 自らの行いを悔いている者を踏みつけにはしない
鬼は人間だったんだから 俺と同じ人間だったんだから
足をどけてください
醜い化け物なんかじゃない 鬼は虚しい生き物だ 悲しい生き物だ」

複雑な表情で炭治郎を見下ろす義勇
炭治郎は荒い呼吸のまま、怯まず義勇を睨みつけている

義勇の視線がふと、まだ眠っている禰豆子に向いた 何かに気付いたような驚きの表情を浮かべる義勇

義勇「お前は……」

その時、迫り来る気配に気付き、義勇が構えた
義勇の日輪刀が、別の日輪刀と強くぶつかり合い、辺りにガキュインと大きな音が響く
しのぶが攻撃を仕掛けてきたのだ

しのぶ「あら? どうして邪魔するんです 冨岡さん」
笑顔でそう言い、体を宙でくるりと反転させて着地したしのぶ
義勇は表情を変えず、黙ったまま日輪刀で炭治郎たちを守る
目の前の光景に青ざめ、目を見開く炭治郎

彼らの前で、しのぶは再び笑みを浮かべ、日輪刀を構えた

しのぶ「鬼とは仲良くできないって言ってたくせに何なんでしょうか
そんなだからみんなに嫌われるんですよ」

煽り 人と人もまた、理解り合えず――!!次号大増23ページ!!

巻末次号予告 蟲柱・胡蝶しのぶの登場に炭治郎たちは…!?
巻末 アシスタントさん同士の会話が面白すぎて思わずプスプス笑ってしまう。<呼世晴>

617: 2016/12/22(木) 16:58:07.10
>>607
バレ乙です!
やはり冨岡さんは穏健派…

608: 2016/12/22(木) 16:50:27.58
俺年末から年越しにかけて生タヒ不明で過ごすの!?
嘘でしょ!?嘘すぎじゃない!?

スポンサーリンク
611: 2016/12/22(木) 16:52:35.29
誰だしのぶさんがラスボスとか言った奴

その通りになったじゃないか!!

612: 2016/12/22(木) 16:52:39.07
乙です!
やっぱり揉めるか…

613: 2016/12/22(木) 16:55:45.90
累いいね 初めての長めの回想だけどおもしろい
炭治郎が相変わらず折れないのもかっこいいわ

614: 2016/12/22(木) 16:56:43.19
乙です

なんだかんだ言って鬼に情をかけて鬼絶頃派に嫌われてるのかな?
悲しいな…

615: 2016/12/22(木) 16:56:50.33
義勇さんまさかの鬼を庇う側でしのぶさんが鬼皆頃し派展開来ましたな…

616: 2016/12/22(木) 16:57:06.93
乙です
決着かと思ってたらまだハードモードだった…

618: 2016/12/22(木) 16:58:16.20
いや義勇は鬼頃す派だろ
みんなに嫌われてるのはコミュ障だからじゃね(適当)

620: 2016/12/22(木) 16:59:14.19
バレ乙です
義勇さん嫌われものじゃないですかー
しのぶさんやっぱり怖いわ
仲良くできないですぅ

622: 2016/12/22(木) 17:01:09.10
「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」
しのぶさんにこんな風に言われたら俺だったら泣いちゃう

623: 2016/12/22(木) 17:01:44.58
やっぱり血は採れなかったか…
満身創痍だったししょうがないとはいえ惜しい

624: 2016/12/22(木) 17:02:37.01
バレ乙です
てっきり那田蜘蛛山編の締めかと思ったらまた一悶着
義勇と炭治郎の再会もギスギスしてきたし
どうなるんだ…

625: 2016/12/22(木) 17:03:27.33
バレ乙

鬼は醜い化け物だと言って踏みつけにでもしないと退治やっとれんから穏健派に嫌われ
そのくせちょっと素が出ると庇ってしまったり優しかったりするから過激派にも嫌われ
って感じかな義勇さん
義勇さんらしいけど

626: 2016/12/22(木) 17:03:55.08
多分炭次郎の主張は義勇さんの本心と同じなんだろうな

619: 2016/12/22(木) 16:58:39.62
回想が悲しいなあ


スポンサーリンク

引用元: http://hanabi.2ch.sc/test/read.cgi/wcomic/1481182605/